ケニアのノーベル平和受賞者のマータイ女史が来日したとき、日本の「もったいない」に最注目して「もったいない」を世界に広めました。
「もったいない」は物だけではありません。私は、人間そのものの「人生のもったいない」を見つめなおし、人生の可能性を追求すべきであるという想いに至りました。

「あなたが、自分自身をダメだと思っていも、私はそうは思わない」

「願兼於業」と言って
人間はみんな現在の自分を願って生まれてきたそうです。
自分があえて選んだ人生ならそこに無限の可能性を秘めているはずです。

運命と宿命
命が 運ばれるだけの 流される人生から
命に宿っている可能性の発見の人生へ、
気が付ない、ならされただけの人生に見切りをつけて、やってみましょう!
まずは自分再発見!